自営業をはじめたときの手続きは?

通常クレジットカードの審査では、安定した収入を得ているのかどうかがチェックされます。このため、無職の人は基本的にカードの発行はされないと思ってください。一部無職でも発行されるカードはあるようですが、その選択肢は非常に狭くなります。カードを持つためには、職業に就けばいいのですが、なかなか見つからないという人もいるでしょう。無職ですぐにクレジットカードを持つための方法として、自営業をスタートさせる方法があります。最近ではSOHOなどの言葉も広く普及して、個人事業主として仕事をしている人も多いです。

 

事業を始めるといっても、手続きが煩雑なのではないかと思っている人もいるでしょう。しかし事業スタートするための手続きは、思っているよりも簡単です。住んでいる税務署に「個人事業の改廃行届出書」を提出します。そして「個人事業開始等申告書」を都道府県税事務所に提出します。この2枚の申請書を提出すれば、個人事業主として認定されます。すなわち、職業に就いていることの証明になります。

 

クレジットカード会社の中には、自営業者の場合審査するにあたって、納税証明書の提出を求められることがあります。納税をしているか、すなわち収入があるかの証明を出さないといけません。しかし開業初年度であれば、開業届出書の控えを提出すれば、申し込みを受理してくれるケースもあります。このように無職の方でなかなか就職先が決まらないのであれば、開業して自営業をしているということで審査を受ければ、クレジットカードの発行が認められる可能性があります。ちなみに自営業者をやめる場合には、廃業届を提出するだけでOKです。廃業するときに料金が発生することもありません。


無職の人向けクレカランキング

アコムACマスターカード
選べる2種類のクレジットカード

カードローン付きとショッピング専用2種類から選択できる

利用明細の郵送がないから家族にもバレない

利用履歴はネットで最大3カ月分を確認できる

公式サイトへ

三井住友VISA クラシックカード
インターネットでスムーズな申込が可能

写真入りICカードも選べてセキュリティがしっかり

年に一度カード払いをすれば年会費は永年無料!

利用金額に応じてポイントが貯まるからお得!

公式サイトへ

楽天カード
テレビCMなどでおなじみのあのカード

ポイントがザクザク貯まるシステムがたくさん

明細確認はスマホアプリでいつでもどこでも気軽にチェック

電子マネーEdyも使えてさらにお得にポイントを貯められる

公式サイトへ